寝ても疲れがとれない!

こんにちは、山田です✨



毎日しっかりと寝ているはずなのに…

全然疲れが抜けないよー!!



そんなお悩みを抱えている方。



ちょっと子供の頃を思い出してみて下さい☺️




朝から元気いっぱいに遊んで、


お家に帰ってご飯を食べて、


お風呂もしっかりと入って、


お布団でぐっすり眠る💤


そして次の日もまた元気に遊んで…






皆さんにもそんな頃がありましたよね😊



ところが大人になると、

しっかり寝たはずなのに何故か次の日にも疲れが残ってしまう…

なんだか体がだるい…


この『寝ても疲れが取れない原因』は様々です。




本日は、自律神経が原因の場合をご説明いたします💡


主に日中に働く交感神経
(活動・緊張・ストレスなど)


主に睡眠中に働く副交感神経
(休息・療養・リラックスなど)




私たちは、この2つの神経がバランス良く働くことによって、健康な生活を送っています。



一日の内臓疲労や筋肉疲労、精神的な疲労等も回復するのです✨



これが自然治癒力というものです。



ところが

精神的・肉体的ストレスが多くなると…


このバランスが乱れてしまい、寝ているのに交感神経が働いて、身体を上手く修復出来ない状態に…



つまり、その日の疲れを翌日に繰り越して生活していることになります😱




【副交感神経を働かせるには】

🔸体の歪みを整える

🔸湯船に20分程浸かる

🔸寝る前にパソコンや携帯を極力見ない

🔸適度に運動する

などなど…


体の歪みを整えると、姿勢も良くなり、血流や代謝も整いやすくなりますよ😉✨