腰痛が慢性化する原因(精神ストレス)

病院で診断されない原因不明の







腰痛の多くには、多かれ少なかれ







精神的ストレスなどの心の問題が






関わっている事が、最近の研究に






よって分かってきました。

 








こうした腰痛は「心因性腰痛症」と呼ばれ、






ストレスの多い現代社会においてよく見られます。

 









体の異常に、ストレスなどの心理・社会的要因が






加わる事で腰痛が引き起こされる例は、






年々増加し続けています。






特に慢性腰痛には、精神的ストレスが






関わっていることが多く見受けられます。

 







いくつかの体的・精神的な要因が








何が直接のきっかけとなって






腰痛が起きているのか、






特定が困難になります。

 








なぜストレスで腰が痛むのか・・





ストレスで腰が痛むはずがないと






思うかもしれませんが、






心の不調が体の不調として






現れるのはよくある事です。






心理的な要因によって、






特定の臓器や器官に体的症状が






現われる病を「心身症」と呼ばれています。

 







「病は気から」という言葉があるように、





その人の心情の持ち方や、




その時の心理状況によって、





症状が良くなったり悪くなったりするのも、





決して珍しい事ではありません。

新着イベント  2019/02/28