水素とは








水素について少し復習をしたいと思います







「水素」と聞いて、みなさんは何を







思い浮かべるでしょうか?









水素(H2)は酸素(O)と結びつくことで







水(H2O)になる。







これは、学校の理科の授業で習いましたね。








水素について詳しくない方は、







水素がどういうものか、

イマイチ掴みづらいものかと思います。

もう一度、

小学生の時を思い出してください。
水素というのは、この世で最も小さい元素です

「スイヘイリーベー」と元素記号を

覚えた記憶が懐かしい方も多いはず。

この小学生の頃に何気なく学んだ2点の性質が、

人体にとって非常に優れた効果を期待できると

すれば、少し「水素(H2)」について

興味が生まれるのではないでしょうか。




人は体の機能を維持するために

酸素(O)を必要とします。


みなさんも意識なく、

「呼吸」という行動をすることで

体内に酸素を取り入れていますよね。


人体が酸素を利用する際に

副産物として発生してしまうのが、

活性酸素と呼ばれる化合物。

活性酸素には

善玉活性酸素と

悪玉活性酸素の

2種類が存在します。



新着イベント  2019/01/14