手首を動かすとポキポキ音が鳴る-2

関節のゆるみによって音が鳴る
手首を動かした時に「コキコキ」、「ゴリゴリ」という音が鳴る理由として、関節のゆるみが原因というものがあります。骨と骨の関節が弛んでいると動かしたときに「コキコキ」「ゴリゴリ」という音が聞こえるようになっていきます。

関節には動かすことのできる範囲(可動域)があるのですが、この可動域を無視して無理に曲げたり、伸ばしたりすると、それ以上動かないような制限がかかります。しかし、関節がゆるくなっていると、可動域を超えて動いてしまい関節から音が鳴るようになるのです。

新着イベント  2018/05/11